Ari-Press

エンジニアAriのブログ.

Play Framework2.0.2がリリースされたようです

たったさっきまで「Play Framework(Scala)にTwitter Bootstrap(LESS)を組み込む」って記事を書いていたんですが,どうやら数日前にPlay Framework2.0.2がリリースされたようなのでそれについて.

上で書いたようにたったさっきまでPlayアプリケーションでTwitter BootstrapのLESSを動的コンパイルする環境について書いていたんですが,その中にPlay2.0.1に組み込まれているLESSのバージョンが古くてTwitter Bootstrapのv2.0.4がコンパイルできず,v2.0.1を使うしかないという制約事項がありました.

ですが,なんとたった数日前にPlay Framework2.0.2が正式リリースされたとのことで,ちょっと調べてみると

- updated libraries (lessjs and google closure compiler etc.)

とのこと(出典:[2.0] announcing Play 2.0.2).

これで新しいTwitter Bootstrap v2.0.4を入れてみたら・・・動いた!

ということで,Twitter Bootstrapの統合よりも先に既存のアプリケーションをアップデートする手順を書きます.

アップデート方法の出典も上記と同様([2.0] announcing Play 2.0.2)です.

設定ファイルの修正

まずはproject/plugin.sbtを書き換え.

1
2
// Use the Play sbt plugin for Play projects
addSbtPlugin("play" % "sbt-plugin" % "2.0.1")

これを

1
2
// Use the Play sbt plugin for Play projects
addSbtPlugin("play" % "sbt-plugin" % "2.0.2")

こうします.sbtのplayプラグインのバージョンを書き換えただけですね.

次にproject/build.propertiesのsbt.versionを0.11.3に書き換えるとのことですが,これは元々0.11.3を使っていたのでそのままです.

sbtからアップデート

sbtコマンドでsbtコンソールに入って「update」と打ちます.それだけ.さすがモダンなフレームワークですね.

以上で作成済みのアプリケーションがPlay Framework2.0.2になりました.

※と言ってもアプリケーションのアップデートは自己責任で...色々と怖いですからね.

これでTwitter Bootstrap v2.0.4を動かしてみると・・・?動いた!

ということで,LESSがしっかり新しくなっているようです.

他にも色々と更新されているようなのでちょっと弄ってみたいですね.

Twitter Bootstrapの記事についてはちょっと書き直して公開するので,また後日..

おまけ

余談ですが,Typesafeのリポジトリに繋がらないなーと思いながら何度かブラウザからアクセスしてたら急になんだか立派なWEBアプリケーションが立ち上がりました.

Typesafeのリポジトリブラウザ

これ,前からあったんですかね?少なくとも僕は初めて見たので,繋がらなかったのはこれのリリース作業でもしてたのかなぁとか.